ローン審査体験からわかったフラット35のすごさ

 これから数年後には一気に税金が上がるみたいですので、一気に住宅を購入していく人が増えているみたいです。 私の周りでもこの一年で一気に賃貸住まいだった子が注文住宅を建てたり、分譲住宅を買ったりしています。 でも、大体の人は住宅を購入するのって初めてのことですから、どこでローンを組めば良いのかわかりませんよね。 変に変動金利のところで組んだりしたら、ちょっと不安に思ってしまうことだってありそうですし…。 ですので、私だったらフラット35で住宅ローンを組もうかなっと考えています。

 

 そう思うようになったのは、インターネットで見かけたフラット35のローン審査体験を読んでからなんですよね。 フラット35ならば、最長35年間固定金利ですから、一番安心かなっと思いました。 そして、最近はローン審査も厳しくなっているのに、勤続年数がたったの数ヶ月の人でも、ここフラット35審査に通ってしまった何て人もいましたから、これなら安心できるかなっと思ったのです。

 

 フラット35審査をした人が言っていたのですが、サラリーマンのような一定の収入の中から月々に返済していく場合、毎月の返済金がある程度一定である全期間固定金利型の住宅ローンがお薦めみたいです! フラット35だったら先程も言った通りに最長35年間固定金利だそうですし、繰上返済手数料が驚きの無料でだったりするそうです。 また、保証料もないみたいですから非常に良い有り難い条件がたくさんあると言っていました。フラット35審査体験でも、このように好印象を持った方ばかりですし、中でも担当者の手続きのスピードが凄い早かったり、わかりやすかったりと、みなさん凄く満足された人たちばかりでした。

 

 私もこれから先、住宅を購入する予定なので、その時にはフラット35でローンを組みたいなっと考えています。 私の主人は固定給とプラス、歩合制のお給料なので毎月決まった金額を貰えるわけではありませんから、そういった人にはやはりフラット35のような固定金利が安心するでしょうからね! それに銀行とかだと借り入れが厳しいみたいですから、主人のような不安定な職種の場合は審査も厳しいような気がしました。 実際にそういった体験談を話されている人もいましたから、それほど今って銀行のローン審査が難しくなっているということなんでしょうね。 例え、銀行のローンが通ったとしても、やはりフラット35の超低金利には魅力を感じますし、固定金利というのが最大の魅力のような気がします。

 

 まだ主人にはそういった話をしていないので、どこのローン会社にするかはわかりませんが、私だったら何が何でも後々のことを考えるとフラット35が一番だと思いますし、そこで借り入れをした人みなさんがここでローンを組んで良かったと満足しているみたいですから、主人だって絶対に安心することが出来るローン会社だと思います。

 

フラット35の審査は甘い?厳しい?通りやすい銀行は?

ローンを組む際に重要なことはなんでしょうか?他のローンや公共料金の支払い滞納が発生していないかという信用情報という人もいますが最も大切なのは借りた後にどのように返済していくかを考えておくことです。

例えば、住宅ローンなどの場合では、借り入れ金額は大きくどのくらいの期間で返す計画にして毎月どのくらい支払うかを絶対に確認してください。

確認は自力で計算するのもいいですが大変なので利用するローンのホームページにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動型の場合では金利変動の影響で支払額が変わるので固定型のフラット35でローンを組んだ場合も確認してみてください。

住宅を購入する際の資金調達で強い味方になる住宅ローンですがローンなのでもちろん審査に落ちる場合もあります。

基本的にローンに落ちる可能性があるとされているのが過去に別のローンで滞納しているなど信用情報が悪い人や借り入れ希望額に対して年収が低いなどといった場合が挙げられます。

フラット35など多くのローンで言えることですが年間の返済額が年収の約3割以内に収まっているかという部分も重要です。

例えば、今回の住宅ローンでの返済額が年収の3割以下だったとしても他に車のローンやリフォームローンが残っていて合計すると超えてしまうといったこともあります。

住宅を購入する資金調達時に利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから審査を始めます。

場合によってはローンが組めないこともあります。

そういったことが起こらないように先にいくらまで借りられるのか知りたいところです。

例えば全期間金利が変わらないフラット35の取扱件数1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というサービスでは物件を決定する前に事前にクイック事前審査で借入可能額が確認できます。

他の機関のHPにも借入シミュレーションがあるので物件探し時に必ずシミュレーションするようにしましょう。

予算が分かっていれば選択肢も絞られてくるので探しやすくなるのではないでしょうか。

なかなか使う機会のない住宅ローンですがなかなか使わないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。

ここではフラット35を例にして説明します。

新築で立てる場合では、借り入れの申し込みや設計審査を申し込み、設計審査の申請を行い物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

その審査結果が1週間から2週間前後でわかります。

結果がわかったら着工し始め、工事途中や竣工後に再度、審査の申請をしていただく必要があります。

竣工現場審査に合格するとの融資の契約や資金の受け取りなどの手続きが行えます。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどがありますが。

なかなか周りの人に相談しても詳しい人がいなく、どれを選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

他にも専門家に相談するのが一番だと思ってもどこに相談にいけばいいのかわからないというケースもあります。

全期間固定金利でおなじみのフラット35について聞きたい場合は各銀行機関へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が主催している相談会に行くのがオススメです。

この相談会への参加は予約が必要なようなのでHPで会場などの情報をチェックしておきましょう。

住宅の購入を検討するときに、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、超低金利時代なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても種類が何個もあります。

その中でも、「フラット35」という言葉を耳にしたことはありませんか?名称からはどんな特徴があるのか伝わりにくいですが通常の銀行ローンとどういった部分が違うのか調べてみました。

メリットとしては、ずっと固定金利なので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が必要ないという面があります。

デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると割高になってしまうことや独自の審査基準があるので借入できない可能性があることが挙げられます。

参考:フラット35の審査が甘い銀行は?年収の基準!【通りやすい理由は?】

長期間固定金利ということで利用を考える人の多いフラット35ですが一体どんな住宅ローンなのか宣伝広告などを見てもいまいちわかりません。

メリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を立てやすいことや保証料が発生しないこと、物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料が0円なことが挙げられます。

デメリットとしては基本的に物件価格の9割までの融資になることや金利が固定されているので低く変動しても毎月の支払う金額は変わらないこと、繰上げ返済が100万円から可能と銀行オリジナルのローンに比べ高額なことが挙げられます。

他にもメリット・デメリットはあるので利用する際は確認してからにしましょう。

ローン関連でたまに親子リレーローンという言葉を聞いたことはありませんか?どういったものかというと親子2代でローンを返済しましょうというものです。

住宅ローンのフラット35でも利用可能となっており、申し込みをした本人の子・孫などで定期的収入がある方など、3種類の条件を満たしている場合に組むことができます。

この制度の有効な場面としては、将来同居を予定している場合や、親が高齢になり家のリフォームを検討しているけど新築を買う時だけでなく、借り換えや住み替えを行う時にもこの制度は利用ができるので状況によっては利用を考えてはいかがでしょう。

利用ができるので状況によっては利用を考えてはいかがでしょう。

住宅は一生のうちで1番大きい買い物とも言われています。

その際活用する住宅ローンですが調べてみるとフラット35とフラット35sという2種類のプランが存在しています。

いったいこの2種類のプランは何が違うのでしょうか。

フラット35sは5年間、または10年間の金利優遇が適用されます。

購入する住宅が要件を満たしていると自動的に適用されるものです。

どういった面を見られるかというと、省エネルギー性や高齢者等配慮対策等級4以上のバリアフリー性などが入ります。

これらの要件を満たしていると特別金利のフラット35sが適用されます。

また、新築・中古かは関係なく活用できるのでぜひ活用してください。

最近CMなどで見かけるアルヒの住宅ローンですが、どういった会社なのかローン商品なのかあまり知らない人も多いと思います。

主な特徴としては、住宅ローンの1種であるフラット35の取扱実績が1番多いそうです。

「ARUHI家の検索」というサービスも行っており、そこでは現在の家賃や通勤先などの質問から、今の家賃と同じくらいの支払額で買えそうな物件を検索できます。

検索サービスで検索をした後はもちろん、他にも他の金融機関に比べ審査スピードが早いです。

そのため、先に購入可能額(予算)を確認できます。

長期間固定金利で検討する人の多いフラット35ですが、申し込む際に金利以外にも確認したい内容があります。

それは借入に際しての事務手数料や登記関係でかかる諸費用です。

他にも、銀行によっては繰り上げ返済時に他の住宅ローンなどでは必要になることがあります。

事務手数料の目安は借り入れ金額の2%くらいが一般的なようです。

また、借り換える場合、新たにローンを組むことになるので再度、事務手数料などの費用を支払う必要があります。

借り換えメリットで少なくなる支払い額と諸費用を参照して借り換えを行わない人もいます。

住宅を買う際にフラット35の利用を勧められることがあります。

多くの人はテレビで名称を聞いたことはあるくらいで実際にはどんな制度なのか、借りるための条件はあるのかといった詳細な情報は知らないのではないでしょうか。

このローンを契約するには、物件購入価格が1億円以下になっているか、床面積が一戸建てだと70u以上など基準以上の数字になっているかといった条件があります。

ローンの特徴としては、原則として物件価格の9割までしか借りられないことや全期間金利固定なことや繰上げ返済手数料がかからないことなどが挙げられます。

金利が変わらないので急に支払額が上がるといったことが起きないので将来を見据えた返済計画が立てやすく無理なく返済できそうですね。

世の中には色々な住宅ローンが存在します。

銀行機関オリジナルのローンやフラット35のようにどこの銀行機関で借りても基本的には同じ条件になるローンなど種類が多すぎてなにを選べばよいかわかりません。

他の人がどういった部分を比較してローンを組んでいるのでしょうか。

特に比べられているのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば金利が変わる可能性のある変動型にするか、変わらない固定型にするかという部分です。

変動型の場合は銀行機関独自のローンになるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行ごとに決められます。

住宅ローンを探す際の判断基準の参考にしてください。

一般的にローンを組む場合、変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がお得に見えます。

ただ、変動型の場合は逆に支払額が高くなるリスクもあります。

そんなリスクの心配をしたくないという人も多いと思います。

そういった方の場合は、長期間金利固定の固定型ローンを組むことをお勧めします。

固定型と書いているように、完済するまで支払額が一定のまま変わらないようになっています。

もし支払額を下げようと考えるのであれば返済額に反映されないことです。

念願のマイホームを購入する際に利用する住宅ローンですが種類が多くてどのローンを選んだら良いのか迷ってしまいます。

でも住宅ローンを利用するのは人生に1回の人が多く選び方がわかりません。

ここでは、選ぶ際重要なことをまとめてみました。

まず、最初に行うのは金利を変動型にするか固定型にするかです。

申し込み時の金利は低いけれど毎月の支払いが高くなる可能性のある変動型と毎月の支払い額が変わらないので返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型を選ぶ場合は金利が変わるので比較ポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35に決めた場合は保証料や事務手数料などの金利以外の部分を比べる必要があります。